千葉市の小規模保育園

ブログ

好き嫌いについて【管理栄養士の給食ブログ】

みらいのまち保育園、管理栄養士の山﨑です。

 

日増しに秋も深まり、朝夕は肌寒くなってきましたね。

早いもので、2020年も残すところあと3か月を切りました。

 

今回は食べ物の「好き嫌い」について

お話したいと思います。

 

以前、当園にお子様を預けているお母様から、

「家であまり野菜を食べてくれない…」

とお話がありました。

 

でも実はそのお子様、

保育園給食の手作りドレッシングの

サラダは完食していたので、

「酢:油:砂糖=2:2:1」

のドレッシングレシピをお伝えしました。

 

すると、後日そのお母様から、

「先生!お家で

を使ったサラダを試したら、

野菜とてもよく食べました!」

といううれしいお声が。

 

そのお子さんに限らず、を使った

手作りドレッシングのサラダは

意外とよく食べてくれます 😉

 

フルーツを入れるとフレンチ風に、

ごま油・春雨を入れると中華風に、

醤油・しらすを入れると和風になるので、

調味料や食材を変化させることでバリエーションも増えます。

 

★トマトサラダ★

トマト、胡瓜、玉葱、しらす、酢のドレッシングの組み合わせです。

 

★きゃべつのサラダ★

人参、胡瓜、きゃべつ、酢のドレッシングの組み合わせです。

 

「酢」と聞くと、

子どもは苦手そうなイメージですが、

一度加熱することで酸味は和らぐので、

酸っぱさはそんなに感じられず、

さっぱりとした味わいになります。

 

また、「酢」

血糖値上昇を緩やかにさせる効果もあるので、

家族の健康意識も高まるかもしれませんね。

 

 

そもそもなぜ、

食べ物の好き嫌いは

生じてしまうのでしょうか。

 

好き嫌いは、

見た目匂い食感

などの感覚で、が判断しています。

 

つまり、その食べ物のどこが嫌いなのか

知ることで、直せるものもあるんです。

 

見た目や味が嫌いになりやすい青菜は、

コーンとマヨネーズで和えると、

見た目も味も変化させることができます。

 

食感が苦手なものは、調理法を変えて、

天ぷらやフライにしてみるのも良いかと思います。

 

例えば人参

細かく刻んでミートソースハンバーグ

炊き込みごはんおにぎりなどに入れてしまえば、

意外と食べられる食材です。

 

★人参しらすおにぎり★

 

次に大豆

大好物のカレーにこっそり入れてしまうのも一つの手段です。

 

★大豆カレー★

 

 

「この食材、

そのままだと食べられないけど、

このメニューなら食べられる!」

というところからスタートし、

様々な料理から食材に触れていくことで、

嫌いなものも自然に食べられるようになると良いですね。

 

ではまた次回もよろしくお願い致します。

地域の「困った」を「ありがとう」に変える。®
ドットライングループ
コーポレートサイト