家政婦(夫)が持っていると便利な資格とは?

家政婦(夫)の仕事では、特別な「資格」が求められるということは殆どありません。しかし、資格を持っていれば、よりスムーズに仕事を進めることができるのも事実です。家事や雑用の範囲でもそれを活かすための資格はたくさんあります。 普段家では曖昧に作業していることも、仕事としてこなすうえでは責任が生じます。ですから、その分野についての知識を深めることは大切です。きちんと理由付けて動けるようになれば依頼主も安 […]

家政婦(夫)として働くのに向いている人、向いてない人とは?

専業主婦(夫)として家事をしている人や、ワークバランスの調整がしたい人の中には家政婦(夫)への転職を視野に入れている人も多いかもしれません。家政婦(夫)は、特定の資格を求められることも無いので、気軽に始められる仕事の1つと言えます。 家政婦に向いているのはどんな人でしょうか?単に家事が好きというだけでは向いているとは言えないかもしれません。仕事の内容をしっかりと理解したうえで、自分に向いているのか […]

家政婦(夫)として高齢者のために気を付ける掃除のポイント

家政婦(夫)として仕事するなかでは、依頼主の家を掃除をするという機会が数多く訪れるでしょう。しかし高齢者の部屋を掃除するというのは、ただ部屋を綺麗に片づければ良いというだけではありません。高齢者が快適に思えるように気を配る必要があります。掃除し終わってから「元の状態に戻して欲しい」と言われても対応するのは難しいでしょう。 依頼主とのトラブルを避けるためにも、高齢者の部屋を掃除するときに大切なポイン […]

家政婦(夫)として高齢者の熱中症対策としてできること

猛暑が続く季節になり、こまめに水分を補給するように気をつけている人も多いでしょう。 しかし、体内に水分を補給するというだけでは熱中症対策として不十分です。特に高齢者は暑さを感じにくいため、熱中症になりやすいと言われています。総務省消防庁の報告データによると、熱中症で救急搬送された人の中で最も多いのは65歳以上の高齢者であるというデータが発表されています。 家政婦(夫)として働くなかで、熱中症の危険 […]

家政婦(夫)として車椅子の事故を防ぐには

厚生労働省の公式サイトでは「介護保険の区分が要介護3以上の高齢者の場合、半数以上の人が車椅子を利用している」という調査結果が発表されています。今では高齢者の生活を支えていくうえで車椅子は切り離せない存在です。 家政婦(夫)として働くなかでは、車椅子を日常的に使用している高齢者の方を支えなくてはならないこともあるでしょう。 焦って危険な事故を起こさないためにも、どのようなポイントに気を付ければ良いの […]

家政婦(夫)として高齢者の食事を上手にサポートする方法とは?

家政婦(夫)として働くなかでは、高齢者の方のために食事を提供する場面も多くあります。 普段、高齢者に食事を作り慣れていないとどのようなことに気をつければ良いのかわからなくて戸惑ってしまうかもしれません。食欲の有無や栄養バランスは健康にも大きく関係しているため、慎重に考える必要があります。そこで料理する時や、食事のために普段から意識できる大切なポイントについて注目してみましょう。 食事提供の需要 日 […]

家政婦(夫)として上手にコミュニケーションをとる方法とは

家政婦(夫)として働くなかで、利用者とコミュニケーションをとる機会が多くあるでしょう。もちろん誰でも自分の話をたくさん聞いて貰えたら嬉しく感じるものですが、高齢者の方は外部との接触が少なく、コミュニケーションを特に多く必要としています。 そこで上手に聞き手に回る方法や、さりげなく話を盛り上げる方法についてお伝えしていきます。 コミュニケーションを取るのも大切な仕事 サービスの利用者の中には、一人暮 […]

家政婦(夫)の勤務中に訪問看護の予定が入ったときの対処法とは

利用者の高齢化に伴い、寝たきりの方や片麻痺の方、車椅子を利用している方のお宅で勤務することがあるかもしれません。一人で体を動かすのが難しいという状況が多く、リハビリも兼ねて依頼者が「訪問看護の予定を入れている」というケースがあります。 訪問看護について馴染みが無いと、事前に確認しておくべきことや訪問中の対応の仕方がわからずに慌ててしまうかもしれません。 今回は「家政婦(夫)として勤務中に訪問看護の […]

家政婦(夫)の依頼で介護が増加!認知症の方との向き合い方とは

家政婦(夫)の依頼と言えば、現在は介護に関しての依頼が多くなっています。 高齢化社会に加えて、共働き世帯の増加により、自宅で介護をしたくても出来ないといった事情があり、家政婦(夫)へ依頼する家庭が増加しています。 家政婦(夫)自身も単なる家事などのスキルだけでなく、介護に関する知識や技術も必要となってきます。 介護に関する知識の中でも特に認知症の方の介護は、専門的な知識をしっかりと有していなければ […]

命の危険も!食中毒を起こさないために家政婦が注意すべきこととは

家事の中でも1日3回作らなければならないだけでなく、調理器具の片付け、栄養バランスの良い献立の作成、食器の後片付けととにかく炊事は大変です。 また、介護や看護を行っている方であれば、その人に合わせた調理方法を行わなければならず重労働になります。 家政婦(夫)へ依頼することで、1回分の食事であっても全てを任せることが出来るので、お客様の負担を減らすことが出来ます。 しかし、食事を作る際に注意しなけれ […]