千葉市の小規模保育園

ブログ

食事と睡眠、どちらも大事!【管理栄養士の給食ブログ】

みらいのまち保育園、管理栄養士の山﨑です。

 

いよいよ、今年も最後の月となりました!

2021も、もう目の前です。

 

クリスマス冬至年越しお正月

12月は楽しい行事が盛りだくさんですね 😉

 

様々な行事に合わせて、

子どもたちも大人の生活リズム

なりがちかと思いますが、

睡眠時間はしっかりと確保したいところです

 

「早寝早起朝ごはん」

「寝る子は育つ」

 

どちらも子どもの成長

睡眠食事に関する言葉です。

 

 

「食事と成長」の結びつきは、

想像がつきやすいかと思いますが、

「睡眠と成長」は、一体どのように

関連しているのでしょうか。

 

「睡眠と成長」には、

メラトニン

が関与しています。

 

メラトニンとは、 寝ている間、

特に一番深い眠りの時

脳から分泌されるホルモンのことで、

成長ホルモン」の分泌を促します。

 

成長ホルモン」は、

骨や筋肉などの身体の発育だけでなく、

脳の発育にも影響します。

 

生活リズムの乱れから寝不足になってしまうと、

メラトニンの分泌が少なくなってしまうので、

成長期の子どもたちにとって、

睡眠はとても大事です 💡

 

夜寝る時間朝起きる時間

できるだけ決まったリズムで、

不規則にならないように心がけましょう!

 

メラトニン」を作るのに必要なのはたんぱく質

乳製品などのたんぱく源を

バランスよく取り入れた食事が理想的です。

 

成長の著しい乳幼児期を支える保育園給食にも、

必ずたんぱく源となる食材が入っています。

 

~肉~ ミートソーススパゲティ

~魚~ 白身フライ

~豆~ 肉豆腐

~乳製品~ みかんヨーグルト

 

よく食べて、よく寝て

よく遊んで、よく笑う

子どもたちにとって

当たり前のことかもしれませんが、

このような日々の繰り返しが、

健康的な身体作りにつながります。

 

新年も、子どもたちの元気な姿が

見られることを楽しみにしています❣

地域の「困った」を「ありがとう」に変える。®
ドットライングループ
コーポレートサイト