新入職員の紹介:幕張事業所へ1月入職 理学療法士 田中芳樹

こんにちは。夢のまち訪問看護リハビリステーション統括所長の倉形です。

かなり寒い日が続いております。私は現在、徒歩出勤なのですが、歩いていると手がかじかんできます。ただ、陽は長くなってきましたね(^^)/

 

 

今回は、1月に幕張事業所に入職された田中芳樹(たなかよしき)を紹介させて頂きます。是非、弊ステーション職員のことを知って下さい!!

 

1.血液型は?

→O型です。

周囲には、『O型ぽい』と言われることが多いです。大雑把な性格で細かい作業が苦手です。

 

 

2.出身地は?

→山形県蔵王です。

生まれてから22年間、専門学校卒業まで山形で過ごしました。蔵王は、樹氷が有名です。案外地元民は、樹氷に興味がなかったりします笑。

 

 

3.趣味は?

→スポーツ観戦。バスケ、サッカーが特に好きです。

好きなチームは、バスケではジェッツです。前職でサポートしているチームだったためです。

サッカーでは、市立船橋高校サッカー部。市船の選手が前職に病院に治療で来ることがたびたびあったため、今でも応援しています。

 

 

4.自分の性格を一言で表すと?

→周りに目配りができる。

この様な特性を活かして、高校時代はバスケ部のマネージャーをやっていました。中学までは自分もプレーしていましたが、県内でもトップクラスの強豪校だったので、プレーヤーは断念しました。この経験が理学療法士を志望することに繋がりました。 

 

 

5.好きな食べ物は?

→馬刺し、ラーメン。

山形辛味噌ラーメンがおすすめです。

 

6.嫌いな食べ物は?

→パクチーとセロリ。匂いが苦手です。

 

7.今までの経歴を教えて下さい

→専門学校を卒業後。整形外科クリニックで外来リハビリをしていました。

アスリートから高齢者の方まで幅広く担当してきました。

 

 

8.今までで一番うれしかったことは何ですか?

→国家試験に受かった時。

人生で一番勉強しました・・・・。

 

 

7.入社して2週間がたちますが、感想は?

→周囲の先輩スタッフがみんな親切に教えてくれます。事業所にいる方で『機嫌の悪い人』が一人もいないです。

 

 

8.これからの抱負をどうぞ

→理学療法士として、様々な患者様を担当させて頂いてきましたが、訪問リハは初めての経験です。まずは、目の前の担当者様にしっかりと向き合い、利用者様とご家族様が望まれる生活に一歩でも近付けるようお手伝いさせて頂きます。

 

 

9.読んで頂いている皆様に一言をお願いします

→自分の人生のモットーは『助け合い』です。当然ですが、理学療法士の私一人だけでできることは限られています。同僚やケアマネさんやご家族様と助け合って、利用者様の目標達成に向けてお役に立てる様に努力して参ります。宜しくお願い致します。

 

 

 

 

田中は、千葉県内でも有数の整形外科クリニックで経験を積んできました。この病院での勤務を通じて成長したいと考え、地元を離れ、千葉に移住したそうです。膝、股関節、腰などに痛みを抱えている方は、私達の利用者様にもたくさんいらっしゃいます。前職での経験や、今まで積み重ねてきた学習の成果を活かして、利用者様の関節や腰の痛みに対して専門性を発揮してくれると思います。この様な問題でお悩みの方は、是非一度、体験訪問リハビリをご検討頂ければと思います。

 

 

今後も夢のまち訪問看護リハビリステーションの新しい仲間を紹介していきます。

スタッフの人となりを知って頂くことで、安心して弊ステーションのサービスをご利用頂ければと思います。

 

本日も最後までお読み頂き、ありがとうございました。

 

 

 

 

地域の「困った」を「ありがとう」に変える。

 

夢のまちプロジェクトでは、共に働く新しい仲間を募集中です。

 

夢のまちプロジェクトは、ドットライングループで進めている「大切な人をもっと大切に」する取り組みです。

 

『地域の「困った」を「ありがとう」に変える』ため医療、介護、障害福祉、人材紹介、保育事業等様々な分野で進行中です。

 

詳しくは採用サイトをご覧ください!

 

【夢のまちプロジェクト リクルートサイト】

https://pj.dotline-jp.com/

 

 

【ドットライングループ コーポレートサイト】

https://www.dotline-jp.com/

 

 

夢のまちプロジェクトのyoutubeチャンネルもご覧ください!

https://www.youtube.com/channel/UCU95yl4rQhlvxe8f9fF7EiQ

この記事を書いた人

地域の「困った」を「ありがとう」に変える。®
ドットライングループ
コーポレートサイト

×