新潟医療福祉大学のリハビリ学科・看護学科の学生向けに講義を実施いたしました

2021年(令和3年)5月21日
新潟医療福祉大学の国際交流課主催のグローバルキャリア支援Meetingにて当ステーションの倉形裕史(エリア長 理学療法士/心臓リハビリテーション指導士)が「Top Schoolへの留学で知った、世界中で求められる人材の『当たり前』の基準」というタイトルでZoomにて講師を務めました。当日は、リハビリ学科、看護学科の学生を中心に40名超の大学生・大学院生にご参加いただきました。

  

 

倉形裕史(くらかたひろし)

千葉県千葉市出身
千葉県立八千代高校、北里大学医療衛生学部、北里大学大学院医療系研究科卒。
東京医科大学茨城医療センターなどで理学療法士として勤務。2017年ドットライングループ「夢のまち訪問看護リハビリステーション都賀」に入社。2018年から2019年にかけてUniversity college London (London, UK)への留学を経てドットライングループに復帰。2020年訪問看護事業統括所長に就任。

 

 

 

地域の「困った」を「ありがとう」に変える。®
ドットライングループ
コーポレートサイト

×